不動産鑑定,デューデリジェンス,建物診断,エンジニアリングレポート,耐震診断,土壌汚染,アスベスト,相続,不動産コンサルティングの相談サイト
不動産鑑定,不動産鑑定評価,鑑定評価,デューデリジェンス,建物診断,エンジニアリングレポート,耐震診断,土壌汚染,アスベスト,相続.不動産コンサルティングの相談サイト不動産鑑定.デューデリジェンス.建物診断,エンジニアリングレポート,耐震診断,土壌汚染,アスベスト.相続.不動産コンサルティングの相談サイト
不動産鑑定,デューデリジェンス,建物診断,エンジニアリングレポート,耐震診断,土壌汚染,アスベスト,相続,不動産コンサルティングの相談サイト,日本不動産格付株式会社03-6277-8481                     
不動産鑑定,不動産鑑定評価,鑑定評価,デューデリジェンス,建物診断,エンジニアリングレポート,耐震診断,土壌汚染,アスベスト,相続.不動産コンサルティングの相談サイト
不動産格付 | 不動産鑑定建物診断 | エンジニアリングレポート耐震診断セカンドオピニオン相続相談||アスベスト調査土壌汚染調査デューデリジェンス
会社案内採用情報個人情報保護方針保証及び責任制限リンク・免責事項サイトマップお問い合せ
 HOME

 不動産格付
  不動産格付けとは
  不動産格付けの見本

 建物診断事業
  建物診断が必要になるケース
  社長インタビュー
     「建物診断を斬る」
   建物診断サービス
   管理会社による修繕工事と
   コンサルティング型修繕工事の違い
   建物診断事例
    建物診断の流れ(概要)
     1.申し込み
     2.六本木駅からのアクセス
     3.担当者紹介
     4.検査当日
     5.不動産診断報告
  耐震診断
   耐震診断説明会(無料)
  土壌汚染診断・調査
  アスベスト検査
 
 不動産鑑定・デューデリジェンス事業
  不動産鑑定
  事例紹介
  デューデリジェンス
  エンジニアリングレポート(ER)
  不動産鑑定評価基準
   総論
   第1章 不動産の鑑定評価に
      関する基本的考察
   第2章 不動産の種類及び類型
   第3章 不動産の鑑定評価に
      関する基本的考察
   第4章 不動産の価格に
      関する諸原則
   第5章 鑑定評価の基本的事項
   第6章 地域分析及び個別分析
   第7章 鑑定評価の方式
   第8章 鑑定評価の手順
   第9章 鑑定評価報告書
   各論 
   第1章 価格に関する鑑定評価
   第2章 賃料に関する鑑定評価
   留意事項 
   運用上の留意事項(総論)
   運用上の留意事項(各論

 不動産コンサルティング事業
  不動産購入コンサルティング
  不動産売却コンサルティンク
  建築コンサルティンク
 相続コンサルティング
 相続コンサルティング事例
 会社案内
  会社概要
  採用・募集職種・要項
  会社の基本
  サイトマップ
  著作権について
  プライバシーポリシー
  保証及び責任制限
  リンク・免責事項
不動産鑑定・デューデリジェンス事業不動産鑑定不動産の価格に関する唯一の専門家である不動産鑑定士が不動産の適正な価格を判断します。 相続相談

・所有する共有の不動産の相続が心配な方。
・相続税を出来るだけ安くしたい方。
・相続時の納税資金対策をしたい方。
・相続財産の全体が解らない方。
・親族間の相続する財産を整理したい方
不動産鑑定評価基準
 各論
第2章 賃料に関する鑑定評価

第1節 宅地
T 新規賃料を求める場合
 宅地の正常賃料を求める場合の鑑定評価に当たっては、賃貸借等の契約内容による使用方法に基づく宅地の経済価値に即応する適正な賃料を求めるものとする。
 宅地の正常賃料の鑑定評価額は、積算賃料、比準賃料及び配分法に準ずる方法に基づく比準賃料を関連づけて決定するものとする。この場合において、純収益を適切に求めることができるときは収益賃料を比較考量して決定するものとする。
 宅地の限定賃料の鑑定評価額は、隣接宅地の併合使用又は宅地の一部の分割使用をする当該宅地の限定価格を基礎価格として求めた積算賃料及び隣接宅地の併合使用又は宅地の一部の分割使用を前提とする賃貸借等の事例に基づく比準賃料を関連づけて決定するものとする。この場合においては、次に掲げる事項を総合的に勘案するものとする。
1.隣接宅地の権利の態様
2.当該事例に係る賃貸借等の契約の内容
U 継続賃料を求める場合
1.継続中の宅地の賃貸借等の契約に基づく実際支払賃料を改定する場合
 継続中の宅地の賃貸借等の契約に基づく実際支払賃料を改定する場合の鑑定評価額は、差額配分法による賃料、利回り法による賃料、スライド法による賃料及び比準賃料を関連づけて決定するものとする。この場合においては、次に掲げる事項を総合的に勘案して決定するものとする。
(1)契約の内容及び契約締結の経緯
(2)契約上の経過期間及び残存期間
(3)賃料改定の経緯
(4)更新料の必要性
(5)近隣地域若しくは同一需給圏内の類似地域等における宅地の賃料又は同一需給圏内の代替競争不動産の賃料、その改定の程度及びそれらの推移、動向
(6)賃料に占める純賃料の推移、動向
(7)底地に対する利回りの推移、動向
(8)公租公課の推移、動向
なお、賃料の改定が契約期間の満了に伴う更新又は借地権の第三者への譲渡を契機とする場合において、更新料又は名義書換料が支払われるときは、これらの額を総合的に勘案して求めるものとする。
2.契約上の条件又は使用目的が変更されることに伴い賃料を改定する場合
 契約上の条件又は使用目的が変更されることに伴い賃料を改定する場合の鑑定評価に当たっては、契約上の条件又は使用目的の変更に伴う宅地及び地上建物の経済価値の増分のうち適切な部分に即応する賃料を前記1.を想定した場合における賃料に加算して決定するものとする。
 この場合においては、前記1.に掲げる事項のほか、特に次に掲げる事項を総合的に勘案するものとする。
(1)賃貸借等の態様
(2)契約上の条件又は使用目的の変更内容
(3)条件変更承諾料又は増改築承諾料が支払われるときはこれらの額

第2節 建物及びその敷地
T 新規賃料を求める場合
 建物及び敷地の正常賃料を求める場合の鑑定評価に当たっては、賃貸借の契約内容による使用方法に基づく建物及びその敷地の経済価値に即応する賃料を求めるものとする。
 建物及びその敷地の正常賃料の鑑定評価額は、積算賃料及び比準賃料を関連づけて決定するものとする。この場合において、純収益を適切に求めることができるときは収益賃料を比較考量して決定するものとする。
 なお、建物及びその敷地の一部を対象とする場合の正常賃料の鑑定評価額は、当該建物及びその敷地の全体と当該部分との関連について総合的に比較考量して求めるものとする。
U 継続賃料を求める場合
 継続中の建物及びその敷地の賃貸借の契約に基づく実際支払賃料を改定する場合の鑑定評価は、宅地の継続賃料を求める場合の鑑定評価に準ずるものとする。

→運用上の留意事項(総論)
 
個別相談資料請求03-6277-8481
ご相談は
建物診断説明会受付中
建物診断を斬る
管理会社による修繕工事とコンサルティング型修繕工事の違い
日本不動産格付株式会社の建物診断サービスの特徴
建物診断事例
建物診断の流れ お申込〜報告まで
士同士の会
不動産格付 | 不動産鑑定建物診断 | エンジニアリングレポート耐震診断セカンドオピニオン相続相談||アスベスト調査土壌汚染調査デューデリジェンス
会社案内採用情報個人情報保護方針保証及び責任制限リンク・免責事項サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2007 Nippon Real Estate Rating Services Co.,Ltd. All Rights Reserved.