不動産鑑定.デューデリジェンス.建物診断,エンジニアリングレポート.耐震診断.土壌汚染.アスベスト.相続.不動産コンサルティングの相談サイト
不動産鑑定.デューデリジェンス.建物診断,エンジニアリングレポート,耐震診断,土壌汚染,アスベスト.相続.不動産コンサルティングの相談サイト不動産鑑定.デューデリジェンス.建物診断,エンジニアリングレポート,耐震診断,土壌汚染,アスベスト.相続.不動産コンサルティングの相談サイト
不動産鑑定,デューデリジェンス,建物診断,エンジニアリングレポート,耐震診断,土壌汚染,アスベスト,相続,不動産コンサルティングの相談サイト,日本不動産格付株式会社不動産鑑定の日本不動産格付株式会社の電話03-6277-8481                     
不動産鑑定,不動産鑑定評価,鑑定評価,デューデリジェンス,建物診断,エンジニアリングレポート,耐震診断,土壌汚染,アスベスト,相続.不動産コンサルティングの相談サイト
不動産格付 | 不動産鑑定建物診断 | エンジニアリングレポート耐震診断セカンドオピニオン相続相談アスベスト調査土壌汚染調査デューデリジェンス
会社案内採用情報個人情報保護方針保証及び責任制限リンク・免責事項サイトマップお問い合せ

 HOME

 不動産格付
  不動産格付けとは
  不動産格付けの見本

 建物診断事業
  建物診断が必要になるケース
  社長インタビュー
     「建物診断を斬る」
   建物診断サービス
   管理会社による修繕工事と
   コンサルティング型修繕工事の違い
   建物診断事例
    建物診断の流れ(概要)
     1.申し込み
     2.六本木駅からのアクセス
     3.担当者紹介
     4.検査当日
     5.不動産診断報告
  耐震診断
   耐震診断説明会(無料)
  土壌汚染診断・調査
  アスベスト検査
 
 不動産鑑定・デューデリジェンス事業
  不動産鑑定
  事例紹介
  デューデリジェンス
  エンジニアリングレポート(ER)
  不動産鑑定評価基準
   総論
   第1章 不動産の鑑定評価に
      関する基本的考察
   第2章 不動産の種類及び類型
   第3章 不動産の鑑定評価に
      関する基本的考察
   第4章 不動産の価格に
      関する諸原則
   第5章 鑑定評価の基本的事項
   第6章 地域分析及び個別分析
   第7章 鑑定評価の方式
   第8章 鑑定評価の手順
   第9章 鑑定評価報告書
   各論 
   第1章 価格に関する鑑定評価
   第2章 賃料に関する鑑定評価
   留意事項 
   運用上の留意事項(総論)
   運用上の留意事項(各論

 不動産コンサルティング事業
  不動産購入コンサルティング
  不動産売却コンサルティング
  建築コンサルティング
 相続コンサルティング
 相続コンサルティング事例
 会社案内
  会社概要
  採用・募集職種・要項
  会社の基本
  サイトマップ
  著作権について
  プライバシーポリシー
  保証及び責任制限
  リンク・免責事項 
不動産鑑定・デューデリジェンス事業不動産鑑定不動産の価格に関する唯一の専門家である不動産鑑定士が不動産の適正な価格を判断します。 相続相談

・所有する共有の不動産の相続が心配な方。
・相続税を出来るだけ安くしたい方。
・相続時の納税資金対策をしたい方。
・相続財産の全体が解らない方。
・親族間の相続する財産を整理したい方
不動産鑑定が必要になるケース
   民間企業や個人等から依頼される不動産鑑定評価
 
・相続発生時における資産価値の不動産鑑定評価
・売買の参考としての不動産鑑定評価
・株式会社へ不動産を現物出資する際の不動産鑑定評価
・減損会計における不動産鑑定評価
・抵当権設定のための不動産鑑定評価
・抵当証券発行のための不動産鑑定評価
・不動産の証券化に係る不動産鑑定評価
・会社合併時における不動産評価
・会社更生法や民事再生法の要請に伴う不動産鑑定評価
・都市再開発法に基づく市街地再開発事業における従前・従後の各種・権利の不動産鑑定評価
・独立行政法人化に伴う不動産鑑定評価
・地代や家賃の更新・改定時の係争における不動産鑑定評価

 公的機関から依頼される不動産鑑定評価
 
・地価公示法に基づく標準地の不動産鑑定評価
・国土利用計画法施行令に基づく基準地の不動産鑑定評価
・相続税課税のための路線価の不動産鑑定評価
・土地収用法その他の法律により公共用地を取得する際の補償目的の不動産鑑定評価
・競売事務における不動産鑑定評価
・国有財産法に基づく国有財産の不動産鑑定評価

       不動産鑑定相談事例   

※ (参考) 不動産鑑定評価基準

不動産鑑定評価書
不動産鑑定士が不動産鑑定を行ったときに発行するものが、「不動産鑑定評価書」です。
 「不動産鑑定評価書」は、不動産の鑑定評価に関する法律第39条に基づいて発行されるもので、同法第36条では、不動産鑑定士(補)以外の者は、不動産鑑定を行ってはならないことになっています。

 宅建業者等は不動産の価格査定を行っていますが、この「価格査定」は、任意のもので、法律に基づくものではありません。したがって、不動産の売買時の当事者の参考にはなりますが、不動産について争いがある場合の裁判所、相続税や贈与税について不動産の正常価格を証明する場合の税務署、担保価値を把握する場合に金融機関等へ提出する場合などは、やはり法律に基づいた「不動産鑑定評価書」が必要となる場合があります。

不動産調査報告書
不動産調査報告書は不動産鑑定評価書より価格も安い簡易版です。
不動産を担保にお考えのときなどに、不動産の価格が適正かどうかの判断の参考になります。


ご相談は

建物診断説明会受付中
建物診断を斬る
管理会社による修繕工事とコンサルティング型修繕工事の違い
日本不動産格付株式会社の建物診断サービスの特徴
建物診断事例
建物診断の流れ お申込〜報告まで
士同士の会
不動産格付 | 不動産鑑定建物診断 | エンジニアリングレポート耐震診断セカンドオピニオン相続相談アスベスト調査土壌汚染調査デューデリジェンス
会社案内採用情報個人情報保護方針保証及び責任制限リンク・免責事項サイトマップお問い合せ

Copyright (C) 2007 Nippon Real Estate Rating Services Co.,Ltd. All Rights Reserved.